判決を待つ受刑者のような瞳で


歌:森山直太朗/詞:森山直太朗・御徒町凧/曲:森山直太朗・御徒町凧

Original Key:Am / Capo:0 / Play:Am







Am / G / Am / G /

Am               G
 燃えるようなアスファルトの上漂ってる
Am            G
 揺らめく町の景色それは蜃気楼
F             G
 動かなくなった老人死人さながらに
F              G
 俳徊する時は躊躇いを重ね過ぎて行く

Am                 G
 探さないでくださいと書き置いた履歴書
Am                    G
 引きずるデニムの裾は地上から数センチ浮いている
F             G
 判決を待つ受刑者のような瞳で
F                G
 逃げ遅れた獲物は安らかな眠りを探している

C              G
 右手にかざした勇気はもう乾涸びて
C            G
 左手に抱えた愛情は砕け散ったまま
Am                G
 それでも捨てきれないこの存在はなんだろう
F             G  E7 Am / G / Am / G /
 果てのない真ん中で微かに震えたまま

Am                 G
 一斉に鳴きだしたそれはセミなのか鳥なのか
Am             G
 羽を持つすべての人々を見下すもの
F                 G
 ここからぼくがいなくなればそれでいいんだろう
F               G
 誰もいない世界には何も語ることはない

Am                G
 夕暮れは暗闇に滲むオレンジ色のインク
Am             G
 知らぬ間に愛を覚え愛故に傷ついて
F              G
 落とした涙の毒は海に垂れ流されて
F                 G
 すれ違う者は皆エキストラのように霞んでゆく

C                  G
 悪いのは全部ぼくのせいだなんて言わないで
C               G
 笑えないのは君のせいだなんて思ってない
Am              G
 黄昏に浮かぶ鳥の群れを見上げれば
F             G
 誰の物でもない溜め息は溢れるだろう

C              G
 右手にかざした勇気はもう乾涸びて
C            G
 左手に抱えた愛情は砕け散ったまま
Am                G
 それでも捨てきれないこの存在はなんだろう
F             G  E7 Am / G / Am / G /
 果てのない真ん中で微かに震えたまま

Am / G / Am / G /


「森山直太朗」の楽曲一覧


剽窃(採譜することなく一部または全部を転用し、自社のコンテンツの如く配信する)行為は禁止しております。



   

MENU






   

MENU