OH!


歌:長渕剛/詞:長渕剛/曲:長渕剛

Original Key:A / Capo:2 / Play:G












 G   G...
一日分の苦しみが
 C  Em  Am7  D...
夕焼け空に染まるころ
  Em D     C...
ハレル ヤ 俺はしかめっ面
G   Am7onD G Gsus4 G...
明日を握りしめた

 C      G
「一人にしないで」と
  G     Em   Am7 D
泣きじゃくり 空を見上げたら
 G    C     G  D    G...
永遠の命の片隅で 君も泣いていたね

G / G Gsus4 / G / G Gsus4 G Gsus4 G /

G         C
八つ裂きにされた心を
  G       C
片っ端から拾ったんだ
   Am7        Bm7
もう どうしようもないほど
C          D
うっぷつした毎日だった

 G              C
くる日もくる日も答えが見つからず
    G         C
いっそ 首をくくっちまえばと
Am7          Bm7
ちっとも楽になれやしねえ
   ConE GonD  C   GonB DonA
希望のひと かけらもなかったん だ

G          C    G
イエスキリストも 讃美歌を忘れ
Em     G   Am7  C  D
はりつけられた 十字架のまんま
 Em G  Am7     C
陰謀 と支配のど真ん中で
G        D       G Gsus4 /
つっぷしながら 顔をひっかいてる
G!
 Oh Oh Oh Oh Oh Oh

G      C
青く突き抜ける(Oh)
  G      C
俺たちの空の向こう(Oh)
G       C
ひとしきり降り続く(Oh)
  G       C
腐った雨を浴びながら(Oh)

  Em G  Am7 C   G
ハレル ヤ Oh Oh Oh Oh
  Em G  Am7 C   G
ハレル ヤ Oh Oh Oh Oh

G / C / G / C / Am7 / Bm7 / C / D /

   G       C
ああ 誰か俺をあわれみ
   G              / C /
打ち震えるまぶたにキスをしておくれ
  Am7       Bm7
神の身元からつき離され
  C            D
祈る心も もぎ取られてしまった

G        C
信じる心は消え失せ
    G       / C /
月夜の晩にひっくり返る
  Am7        Bm7
身を粉にして駆けずり回り
ConE  GonD C   GonB   DonA
いったい誰の 為に生きてるんだろう

G         C     G
聖母マリアの ひとしずくの涙が
Em   G  Am7 C D
血の一滴に かわる時
  Em    G  Am7    C
「何の為に?」と 叫んでみれば
G       D      G Gsus4 /
死んでなるものかと笑っちゃう
G!
 Oh Oh Oh Oh Oh Oh

G      C
青く突き抜ける(Oh)
  G      C
俺たちの空の向こう(Oh)
G       C
ひとしきり降り続く(Oh)
  G       C
腐った雨を浴びながら(Oh)

  Em G  Am7 C   G
ハレル ヤ Oh Oh Oh Oh
  Em G  Am7 C   G
ハレル ヤ Oh Oh Oh Oh

G
      C   G      C
Oh Oh Oh Oh Oh Oh(Oh Oh Oh Oh Oh Oh)
G      C   G      C
Oh Oh Oh Oh Oh Oh(Oh Oh Oh Oh Oh Oh)

G      C   G      C
Oh Oh Oh Oh Oh Oh(Oh Oh Oh Oh Oh Oh)
G      C   G      C
Oh Oh Oh Oh Oh Oh(Oh Oh Oh Oh Oh Oh)

G      C   G      C
Oh Oh Oh Oh Oh Oh(Oh Oh Oh Oh Oh Oh)
G      C   G      C
Oh Oh Oh Oh Oh Oh(Oh Oh Oh Oh Oh Oh)

G      C   G      C
Oh Oh Oh Oh Oh Oh(Oh Oh Oh Oh Oh Oh)
G      C   G      C
Oh Oh Oh Oh Oh Oh(Oh Oh Oh Oh Oh Oh)…


「長渕剛」の楽曲一覧

剽窃(採譜することなく一部または全部を転用し、自社のコンテンツの如く配信する)行為は禁止しております。






   

MENU



   

MENU