時が経てば


歌:斉藤和義/詞:斉藤和義/曲:斉藤和義

Original Key:C / Capo:0 / Play:C



Am /
Am / G# / Am / G# /

C         Em
ビルの屋上から男が飛び降りようとしている
Am              G
下には野次馬がたくさん集まってみんな固唾を飲んでる
C                Em
けたたましいパトカーのサイレン ピーポーピーポー救急車
Am              G
ハシゴ車は限界まで伸ばすけれどまるで届かない

F             C
男にいったい何があったんだろう
F              C
借金でもしたか?女にでもフラれたか?
F   E   Am   D   F   G     Am
 時が経てば忘れられることだってあるってのに

Am / G# / Am / G# /

C         Em
ビルの屋上では男を刑事らしき人が説得している
Am              G
野次馬はさらに集まって まるで夏祭りみたいだ
C               Em
上空では何機ものヘリコプター あふれかえるテレビの中継車
Am                    / G /
レポーターがおばさんにインタビューしている

 F             C
「あぶないわねぇ」なんて言いながら
 F                C
「どうしたのかしらねぇ」なんて言いながら
F   E  Am    D      F    G      Am
 少し髪を直したりして テレビに出るのがちょっと嬉しそう

Am / G# / Am / G# /

C              Em
キミの知ってるボクが きっと本当の自分なのかも知れない
Am
キミが思ってるキミよりも
     G
きっとボクの方がキミを知っているように
C          Em
キミはボクの事を前に優しい人だなんて言ったけれど
Am            G
池で溺れてる犬を ボクは飛び込んでまでは助けない

F             C
男にいったい何があったんだろう
F                    C
酒でも飲み過ぎたか?それとももうすべてに疲れたか?
F   E   Am   D   F   G     Am
 時が経てば忘れられることだってあるってのに

Am / G# / Am / G# /

C            Em
ビルの屋上では まだ男を刑事が説得している
Am                 G
あいつはスマホのカメラで 上手く撮れたかどうかのチェック
C
テレビはどの番組も生中継
Em
男の父親に「どうですか?」なんて聞いてる
Am                    G
 男はしゃがみこんでどうやら泣き出しているみたいだ
F         C  F           C
刑事が男の肩を叩いて 男は飛び降りるのをやめた
F    E   Am   D    F        G   Am
 その時ボクのケータイに「お米送ったわよ」って 母の声

F               C
 男にいったい何があったんだろう
F                C
過去がツライのか もう笑う事も忘れたか
F                       C
何も手にしなかったか それともすべてをやりつくしたか?
F              C
傷つき過ぎたのか 傷つけ過ぎたのか
F   E   Am   D   F   G     Am C /
 時が経てば忘れられることだってあるってのに
F   E   Am ConG D   F   G     C
 時が経てば笑 っちゃうことだってあるってのに

   F E    Am    F E        Am   ConG /
がんばれ 負けるな がんばれ もうちょっとの辛抱だよ
   F E    Am Dm G / Am /
がんばれ がんばれ  Uh−
F   E   Am   D   F   G     C
 時が経てば笑っちゃうことだってあるんだから
F   E   Am   D   F   G    C
 時が経てば忘れちゃうことだってあるかもよ

Am / G# / Am / G# / Am / G# / Am / G# / C...





   

MENU