泣きぬれてひとり旅


歌:小柳ルミ子/詞:河島英五/曲:河島英五

Original Key:Am / Capo:0 / Play:Am







Am / Dm / Am / Em Am

Am   Dm     Am     E7
あの人を京都の街で 見かけたと教えられた
Am     Dm    Am   E7       Am
なぜかしら言葉にごらせ話すのは わけがあるのでしょう
Em    Dm  Am Dm   Am B7  E7 Em  Dm   Am
たぶん誰かと一緒に 河原町やら 木屋町を 歩く姿が忍ばれて
Dm    Am B7    E7
つらい恋です しょうがない

Am       Dm      Am     B7   E7
あなた追いかけ 京都にひとり 街も華やぐ祭りの夜です
Am   Dm     C        B7  E7
四条大橋たたずむ私 見知らぬ人に声かけられて
Am Em Am Em F  Em Am
揺れる女心 が  悲しいの

Am / Dm / Am / Em Am

Am   Dm     Am     E7
あの人が金沢の街を ひとりきり歩いていたと
Am     Dm  Am   E7          Am
どこかしら古い都の影背負い 肩を落としていたという
Em   Dm     Am Dm     Am B7  E7
あなた探し続けるわけは 聞いておきたい 事がある
Em     Dm    Am Dm     Am B7  E7
ただそれだけのはずなのに ひとりと聞いて 心が騒ぐ

Am      Dm      Am      B7   E7
あなた追いかけ金沢にひとり 夏の夜風に身をさらされて
Am     Dm     C        B7  E7
さいの流れを見つめる私 帰らぬ人と知ってはいても
Am  Em Am Em F   Em Am
さまよう女心 が  くやしいの

Am      Dm      Am      B7  E7
あなた追いかけ京都から金沢 悲しい女のひとり旅です
Am     Dm      C       B7 E7
夜汽車の窓を流れる景色は 二度と帰らぬ想い出か
Am  Em Am Em F    Em  Am
せつない女心 を  わかってほしい

Am / Dm / Am / Em Am


「小柳ルミ子」の楽曲一覧


剽窃(採譜することなく一部または全部を転用し、自社のコンテンツの如く配信する)行為は禁止しております。



   

MENU






   

MENU