戦友


歌:軍歌(陸上自衛隊東部方面隊)/詞:真下飛泉/曲:三善和気

Original Key:Am / Capo:0 / Play:Am







F E7 / Am /

Am     Bm7-5 E7 Am    Dm E7
ここは御国を何百 里 離れて遠き満州の
Am    Dm   E7 Dm    E7
赤い夕陽に照らされて 友は野末の石の下

Am    Bm7-5 E7 Am     Dm E7
思えば悲し昨日まで 真っ先かけて突進し
Am     Dm   E7 Dm     E7
敵をさんざん懲らしたる 勇士はここに眠れるか

Am    Bm7-5 E7 Am    Dm  E7
ああ戦いの最中 に 隣におったこの友の
Am      Dm  E7 Dm    E7
にわかにはたと倒れしを 我は思わずかけよって

Am    Bm7-5 E7 Am      Dm    E7
軍律厳しい中なれど これが見捨てておかりょうか
Am      Dm   E7 Dm   E7
しっかりせよと抱き起こし 仮包帯も弾の中

F E7 / Am /

Am      Bm7-5 E7 Am     Dm  E7
おりから起こる突貫 に 友はようよう顔上げて
Am     Dm   E7 Dm      E7
御国のためだかまわずに 遅れてくれなと目に涙

Am    Bm7-5 E7 Am      Dm E7
あとに心は残れども 残しちゃならぬこの体
Am       Dm  E7   Dm      E7
それじゃ行くよと別れたが 永(なが)の別れとなったのか

Am    Bm7-5  E7 Am    Dm E7
戦い済んで日が暮れて 探しに戻る心では
Am     Dm   E7 Dm      E7
どうか生きていてくれよ ものなど言えと願うたに

Am     Bm7-5 E7 Am    Dm   E7
虚しく冷えて魂  は 国へ帰ったポケットに
Am     Dm   E7 Dm     E7
時計ばかりがコチコチと 動いているも情けなや

F E7 / Am /

Am    Bm7-5 E7 Am     Dm  E7
思えば去年船出して 御国が見えずなった時
Am   Dm  E7 Dm      E7
玄界灘に手を握り 名を名乗ったがはじめにて

Am     Bm7-5 E7 Am    Dm   E7
それより後は一本 の 煙草も二人分けてのみ
Am     Dm   E7 Dm   E7
着いた手紙も見せおうて 身の上話繰り返し

Am     Bm7-5 E7 Am    Dm   E7
肩を抱いては口癖 に どうせ命はないものよ
Am     Dm  E7 Dm      E7
死んだら骨を頼むぞと 言い交わしたる二人仲

Am     Bm7-5 E7 Am    Dm  E7
思いもよらず我一 人 不思議に命永らえて
Am    Dm E7 Dm   E7
赤い夕陽の満州に 友の塚穴掘ろうとは

F E7 / Am /

Am     Bm7-5 E7 Am    Dm  E7
隈なく晴れた月今 宵 心しみじみ筆とって
Am    Dm   E7 Dm    E7
友の最期をこまごまと 親御へ送るこの手紙

Am    Bm7-5  E7    Am      Dm  E7
筆の運びはつたないが 行燈(あんど)の陰で親たちの
Am    Dm  E7 Dm     E7
読まるる心思いやり 思わず落とすひとしずく

F E7 / Am Am!


「軍歌」の楽曲一覧


剽窃(採譜することなく一部または全部を転用し、自社のコンテンツの如く配信する)行為は禁止しております。


   

MENU



   


MENU