あきらめ節


歌:加川良/詞:添田唖蝉坊/曲:高田渡

Original Key:D / Capo:0 / Play:D







A /

D       G
地主 金持ちは わがままもので
D        A
 役人なんぞは いばるもの
D       G
 こんな浮世へ 生まれてきたが
D         A    D
 わが身の不運と あきらめる

D       G
 お前この世へ 何しにきたか
D      A
 税や利息を払うため
D       G
 こんな浮世へ 生まれてきたが
D         A    D
 わが身の不運と あきらめる

D      G
 米は南京 おかずはきなこ
D       A
 牛や馬でも あるまいし
D        G
 朝から晩まで こきつかわれて
D          A    D
 死ぬよりましだと あきらめる

D       G
 汗をしぼられ 油をとられ
D         A
 血を吸いとられてその上に
D        G
 ほうり出されて ふんづけられて
D        A    D
 これも不運と あきらめる

D       G
 苦しかろうが また つらかろが
D          A
 義務はつくさにゃ ならぬもの
D        G
 権利なんぞを ほしがることは
D         A    D
 できぬものだと あきらめる

D        G
 長いものには まかれてしまえ
D           A
 泣く子と資本家にゃ 勝たれない
D        G
 貧乏は不運で 病気は不幸
D       A    D
 時世時節と あきらめる

D         G
 あきらめなされよ あきらめなされ
D          A
 あきらめなさるが 無事であろう
D       G
 私しゃ自由の動物だから
D          A    D / D...
 あきらめきれぬと あきらめる




剽窃(採譜することなく一部または全部を転用し、自社のコンテンツの如く配信する)行為は禁止しております。



   

MENU






   

MENU